大阪 八尾 人工膝関節 変形性膝関節症 人工膝関節置換術 mis
トップページ
インフォメーション
私の想い
プロフィール
診療している場所
患者さんの出来事
診療内容
高位脛骨骨切り術
人工膝関節置換術とは
人工膝関節置換術(MIS)
患者様へ
手術までの流れ
リハビリについて
患者様のお声
よくあるご質問
注意事項
お問い合わせ
ブログ

リンクバナー

大阪 八尾 人工膝関節 変形性膝関節症 人工膝関節置換術 mis

HOME > 患者様へ > リハビリについて

リハビリについて

内容
リハビリについて 医真会八尾総合病院では、膝関節の痛みにより歩行障害が出ている患者さんにとって有能な理学療法士が多数勤務しております。

入院患者さんに対しては休日にもリハビリを行っています。
より早期に通常の日常生活に復帰していただくことを目標にしております。

このため手術前からの十分なお手入れ(術前リハビリテーション)を理学療法士と一緒になって行っていただいております。
手術後は翌日からリハビリを開始しております。

小さい傷で筋肉をほとんどいためないように手術を行っておりますので術後早期から膝の曲げ伸ばしでの痛みが少なくすみます。
まず人工膝関節周囲にある筋肉を強化することを第一目標とします。
内容
また、可動域(膝の曲がる範囲)を回復させるためにベッド上ではCPM(持続的に膝を曲げ伸ばしさせる機械)を使用します。当然患者さんご自身でも頑張ってリハビリを行っていただきます。

理学療法士がその都度、患者さんの状態に合わせて必要なアドバイスをさせていただきます。
入院中の屈曲角度の目安は120度です。それ以上屈曲できるようになれば退院となります。最短で2週間から、遅くとも4週間で手術を受けられた患者さんは、その角度まで曲げることができ退院されていかれます。

退院後は希望により外来通院でのリハビリテーションを行っております。
特に手術した膝をもっと曲げたい(正座に近づけたい)患者さんは術後3ヶ月間の集中的なリハビリが特に重要です。
実際に正座まで可能になった患者さんは現在までで40名以上(全症例の約15%)いらっしゃいます。全症例の平均で、135度の屈曲角度を獲得されています。

加圧トレーニングについて

内容
また、当病院とは別ですが、リハビリメニューとして「加圧トレーニング」というものがあります。
これはどういう方法かといいますと、腕や脚の付け根の部分に特別な加圧ベルトで締めつけ、血流量を適度に制限した状態で行うトレーニング法です。本当に軽い負荷で、しかも短時間(20分程度)で行うことができますので関節をいっさい痛めることなく、早期に筋肉をつけることができる方法としてスポーツ界はもとより、最近では医療にも適用されてきています。

効果1 ダイエット
効果2 血行促進
効果3 回復力アップ
効果4 筋力アップ
効果5 アンチエイジング(美肌・若返り)

といった効果があげられます。
詳しくは私が顧問を務めていますYAO加圧トレーニングスタジオホームページをご覧ください。

YAO加圧トレーニングスタジオ

ライン
このページに戻る

フッターライン
Okuda Masayoshi Web Site
◆インフォメーション
私の想いプロフィール・手術実績診療している場所
◆診療内容
高位脛骨骨切り術人工膝関節置換術とは人工膝関節置換術(MIS)
◆患者様へ
手術までの流れリハビリについて患者様のお声よくあるご質問注意事項お問い合わせ

COPYRIGHT(C) 大阪 八尾 人工膝関節 変形性膝関節症 人工膝関節置換術 mis ALL RIGHTS RESERV